*

コンタクトレンズの保存法など

コンタクトレンズの保存方法を色々まとめました

通販おすすめ一覧

【メアシス】     【きらら】

コンタクトレンズの使用回数と適切な保存法

今まで全く視力が低下した事がなかった人でも、長時間のパーソナルコンピュータを使用したり、デスクワークによって手元を長い間見る事によって、視力が急激に落ちてしまう事があります。これは、たくさんの原因が考えられますが、目の周辺にある筋肉が、疲れる事も一つの原因だと考えられています。視力が低下すると、日常生活に支障が出る事が多くなりますので、メガネやコンタクトレンズなどを使って視力を矯正する必要があります。メガネは外見が変わるために、使用したくないという人も少なくなく、その代わりにコンタクトレンズが良く使用されています。

コンタクトレンズには、ハードとソフトの二種類があり、ソフトコンタクトれレンズには、使用回数が決められたものもあります。基本的にハードコンタクトレンズは、正しい保存法を行えば2、3年と使用する事可能ですが、使用回数の決められたソフトコンタクトレンズは、その使用回数以上使うことはできません。一週間使えるものもあれば、一日使えるというワンデータイプがあります。これらは、清潔さを保つ事が簡単なために、手軽に使う事が出来ます。木補てん的に、専用の洗浄液で洗浄し、コンタクトレンズ用の保存液に浸して保管しておく事が、基本的な保存法となります。コンタクトを購入する時は、通販でも購入することができます。コンタクトレンズ 通販なら保存液などのケア用品も一緒に購入できる店舗が多いので利用してみるのもいいかと思います。

 


更新履歴

2013年11月12日
SITE MAPを更新
2013年10月25日
コンタクトレンズの乾燥を防ぐ保存法とはを更新
2013年10月25日
コンタクトレンズの洗浄時の洗浄液を更新
2013年10月25日
未使用レンズのコンタクトレンズの正しい保存法を更新
2013年10月25日
コンタクトレンズと専用の保存液による保存法を更新
2013年10月25日
レンズの保存場所を更新